HOME

新着記事

2021/1/26

小学生のタッチタイピング 習得
おすすめサイトとツール

1+ GIGAスクール構想が始まって、タブレットを使って授業が進められるようになっています。 タッチタイピングでスムーズにタイピングできることが必須の世の中になってきました。 最初にタッチタイピングを身につけておくと、授業にも集中できます。 読み書き障害の息子も楽しく取り組めて、便利だったものをシェアします。 小学生のタッチタイピング 習得 おすすめサイトとツール ローマ字 タイピングする時、ローマ字を理解しておく必要がありますが、 始めは「'ぎゃ'ってどう打つの?」「'じゃ'は?」など、確認します。 そ ...

続きをよむ

2021/1/22

読み書き障害(ディスレクシア )の診断に至るまで
息子の場合

1+ 現在は読み書き障害の診断に至りましたが、具体的にどのように医療機関で診断を受けたのか、 親としての立場、医師とのしての見解も交えつつ情報をシェアします。 あくまで、一個人の場合ですので、すべての方に当てはまるわけではないことをご理解ください。 読み書き障害の診断に至るまで息子の場合 診断は医療機関付属の学習障害センターで 診断は医療機関附属の専門機関で受けました。 まずは臨床心理士による知能検査を受け、その後、言語聴覚士による読み書きの検査に進みました。 実際には、手続きなど色々と段取りが必要で、 ...

続きをよむ

2021/1/24

読み書き障害の息子との日々
折れそうになった心を支えるもの

1+ 読み書き障害の息子との日々折れそうになった心を支えるもの 読み書き障害の息子との毎日で、心が折れそうになる時もあります。 そんなときには、決まって、自分を励ますために思い出す様にしている話があります。 私は、医師として脳卒中後の後遺症の長期間のリハビリテーションに携わっていました。 医師でありながら、非科学的と思われるかもしれませんが、 毎日、患者さんと関わる中で、見えない存在がいるんじゃないかと強く思う時があります。 脳卒中は、ご高齢の方ばかりではなく、お仕事を持った方々も発症する場合もあります。 ...

続きをよむ

2021/1/20

読み書き障害お助けツール
読みとばしにはリーディングルーラー

1+ 読み書き障害を助けるツール 読みとばしにはリーディングルーラーを活用 リーティングルーラー!なんて、オシャレに言いましたが、定規です。 読み書き障害の場合、文章を読む際に、読み飛ばします。 我が家の場合もそうでした。 文章を読んでいても、読み飛ばしたり、どこを目で辿っていたかわからなくなることが頻繁。 そのため、読み飛ばし予防の定規の紹介を見かけ、我が家でも使用してみました。 使い方はシンプル。読みたい箇所にルーラーを合わせるだけ。 慣れるまで、自宅で使って習慣づけをしました。 そのうちに、読みやす ...

続きをよむ

2021/1/14

英語の医学論文を読みたい時に役立つ翻訳ソフトはdeepL

1+ 医学は日々進歩しています。 医師もいち早く最新の情報を手に入れるため、英語論文を読みます。 自分自身の病気の情報であったり、大切な人の悩んでいる病気の情報であったり、 医師でなくても、いち早く医学の情報を手に入れたいと思うこともあると思います。 そんなときに役立つツールを紹介します。 現役医師のmomoです! 英語論文を読む時に役立つツールをシェアします。 英語医学論文を読む時に役立つツール!論文翻訳にはDeepLを活用しよう。 論文翻訳にはDeepL いざ、最新の情報を手にと思っても、英語が苦手な ...

続きをよむ

おすすめ記事

 

2020年10月8日

© 2021 YOMIKAKI LABO.